それっぽいばけがく

化学や大学の研究室のあれそれをそれっぽくゆるく描く。

身を以て勉強すれば大体覚える

身体を張って学んだ知識は大体覚えられる話。

光はエネルギーを持っていて~ウンヌン 例えば色として目に見える可視光領域の光だと400~700 nmくらいの波長を持っていて~ウンヌン 波長が短いものほどエネルギーが強くて~ウンヌン この辺は教科書に詳しく載ってます。逃げましたすいません

余談ですが、この可視光の波長が大体400~700 nm程度と書きましたが、教科書や論文でもこの辺微妙で300~700 nm程度とかだったりします。人が視認できる紫色の限界はなかなか主観に依るんですかね、自己申告っぽいもんな…。

一度研究室で『可視域の最短波長はどこか』で熱い議論がありました。物理化学の人達って割とどうでもいい化学の議論に熱くなれるんだ!高度な自虐だよ!

でも教科書で『光はエネルギーを持っているんだぞ』って言われてもピンと来ませんでした。よくわかんなくないですか。研究室配属時、レーザー使って実験してる先輩から直々にレーザーで服を焦がした実体験と目の前で服焦がしたの見てしまってね。アッ、ほんとに服焦げるんだ~こわ!

真顔で「慣れるから大丈夫、どうせ当たっても火傷だし。無料日サロで局所的に焼いたと思えば大丈夫っしょ」って先輩に言われても全く大丈夫じゃないし理解度クレイジー過ぎない?何を言ってるか分からなかったよ。でも慣れるんだなこれが!

ここで懺悔します。

レーザー光の光路調整用の紙と濁して書いたんですけど、あれ名刺です。ほんとごめんなさい。いろんな方の名刺が今日もどこかのレーザーで撃たれています。名刺ほんと有難いです~名刺くれる人大好きです~どんどんください状態でした。界隈の人達が見てませんように!

 

レーザーを使って実験する研究室は、なるべく当たらないようにリスク減らして実験するようしているはずなので、正直そこまで危険でもないです。

逆に、レーザー光が漏れ出て「何故そこに当たっている~?!」とか、腰より高い位置でレーザー光撃ってる研究室は物理的な身の危険があるので行くのやめましょう。ほとんどないと思うけど世界は広いからね!

あとあと、服が焦げるくらい強烈なエネルギーの可視光レーザーで実験ってまずないはずです。D卒業前数か月したけどかなりのレアケース 多分、一番やばいのは紫外光領域のレーザー。目に見えないからどこ飛んでるか確認必須だし、割とすぐに服が焦げます。服焦げる以外にも扱いがめんどくさい一歩間違えると死にます。その辺の話はまた今度。

 

★飛ばし、読者登録(?)ありがとうございます~励みになります。

いまだにはてブロの仕様が良く分かってませんが、よろしくお願いします。

f:id:NaRu8008:20180513010223p:plain

 

 

 

臭いを侮るなかれ【手袋編】

大学の授業で、研究室で研究テーマを見繕って考えあげて、まあぶち当たるであろう実験では手袋をしようねって話。

その手袋にも種類があって、私の研究室ではゴム製パツンパツンのサニメント手袋、ビニールでゆったりしたサクラメント手袋を使ってました。

大体の手袋が使い捨てですけど、いちいち取って付けて取って付けて…の作業がめんどくさいので、手袋付けっぱなしで作業しちゃいます。資源の無駄、いくない!

長いと半日近くゴム手袋付けっぱなしです。

当たり前っちゃ当たり前ですが、手にゴムの臭いが付きます

最悪風呂入っても取れない時とかあるし、もう鼻毛に臭いついてんじゃねえかってレベルで何しててもゴム臭がすごい。ごはん?ゴム臭すごいゾ。

手の安全を守るためには重要なのはわかるんですよ~素手に薬品引っかかって痺れが数日取れない事があったからね、

でも臭いがね…許容出来な以下略

f:id:NaRu8008:20180505235641p:plain

 

カガク(の単位)を理解する

今回は化学の計算で付いて回る『単位』について。

 

1 molってなんだ?!アボガドロ定数ってどういう風に単位書くの?!

突然出てきたぽっと出の単位たちについて描いてます。

ざっくり描いてますけど、1 mol=原子(分子)が6.02×10^23 個集まった塊

です。因みに、10^23の「^」はべき乗表記で使う記号、何故かブログで指数が書けないんじゃが!?

正直、化学の計算は単位さえちゃんと確認すれば解けます。

問題文に出てくる単位を削って削って欲しい単位を最後に残す、これに尽きるかも。

その時に、「単位削るだけで終わるじゃん」とか思わずに、単位の意味を自分で教科書調べるなり資料集見るなり参考書引くなりして自分なりに理解してもらいたいなあ、と思います。

化学等の勉強を進めるにつれていろんな単位が出てきますけど、単位の意味さえ理解してしまえば計算も対処可能です。

 

そして一番重要なのが、他人に説明出来て初めて理解したといえる事

ほんとこれまじで重要です。人に説明して分かってもらえなかったら大体ダメです、読み直しましょう。

もし話す他人がいなければ、頭の中のもう一人の自分に説明してみましょう。これだけ書くとヤベー人だ

この他人に説明出来て初めて理解出来た話はまた別の機会にでも描けたらなと思います。ほんと広まって欲しい。

 

社畜にクラスチェンジしたので更新が週に一回出来たら、いいな!と己へのプレッシャーをかけるスタイルでブログ更新していきます。

f:id:NaRu8008:20180408205614p:plain

 

実験ノートは埋めてなんぼ

一時期何かと話題を攫っていった実験ノートの話。

 

恐らく理系の研究室で大体渡されるであろう実験ノート。

その日やった実験で使った薬品、やった操作、実験条件、結果、実験中のサンプルの写真、結果から何となく考えられること、発表等でもらった質問とディスカッションの内容等々…

とにかく研究室生活でやったことを忘れた時が怖いので書き込んでいきます。

中にはその日の天気とか日記付け足したりしてる人もいました。天気湿度書いとくといいですよね、私書いてなかったんですけども

まあ、書く内容によっては読む側が(´・ω・`)な気持ちになる事もありますけども、それはそれ!

 

研究室生活を始める若しくは始めてるみんなー!

後輩が読んだり、自分で読み返したときに阿鼻叫喚になる前にノートはちゃんと書こうな!

f:id:NaRu8008:20180401004956p:plain



(析出物の)いのちだいじに

高校化学で出てくる(ような気がする)過冷却の話。

教科書とか資料集とかでさらっと状態図出てきて終わり!って記憶なんですけど、意外と実験で使える現象だったりする。

特にさっさとモノだけ回収したいせっかち向け。とっとと回収してサクッと実験終わらせて帰りたいもんね、分かりますとも。

液体をゆっくり冷やしていくと本来固まるはずの温度でも何故か液体のまま、それが過冷却

そのまま放置してても液体状態を保ってるけど、何かしらの衝撃(混ぜたり降ったり容器を突いたり)を与えると固体が出来る現象です。

其れだけ聞いても「ほーん」って感じなんですけど、授業の演習実験とかで即実践できちゃうような割と便利な現象なのです('ω')

有機実験なんかしてない?もっとわかりやすく例えろ?

氷点下のお外でも氷張ってない水たまりとかですかねえ…割と適当…

シャーベット作る時とかにも応用できるらしいです。あまり料理しないのでそこらへんはヨクワカラナイデス…

 

ただ、衝撃の度合いを間違えると容器割れたりします。当然ですね。

実験班の相方がやらかして何度か演習実験の帰りが遅くなりました。あと大学からビーカー割った請求書が来るそうです。

f:id:NaRu8008:20180320215555p:plain

 

今日から使える!化学用語

日常生活のあんな場面、こんな場面でも化学フレーズ混ぜ込んでみようぜっていう話。

別に特に意識して盛り込んでるわけではなくて、大学で研究室入ると自然と会話にフレーズが紛れ込んでるんじゃなかろうか。えっ、ない?

今回も文字が多い…見づらい…ウーン課題。

 

所属していた研究室で、化学反応の速さについて勉強していたので、わりと研究室内の話で化学ワードが飛ぶわ飛ぶわ。

ここで紹介している拡散律速速度定数についてですが、高校化学でやったようなやらないような…

正直大学3年辺りで反応速度定数の勉強しててもなんとなく自分の中でイメージしづらかったので、マリオカートで例えてみました。狭い道はGC版キノコブリッジの劇狭ショートカットで。

遅い反応に併せて全体の反応が進行する、それって集まりに遅れて待ってもらう時と似てるよね!マジ気まずい!そんな経験ない?すごいね!

教科書に書いてある内容で「分かったような気がしたけど実際分からなかったし、もう何かその分野苦手」な事が結構あったので(実際、反応速度定数は研究テーマにするまでま~じで苦手でした)自分の中で納得できるイメージや日常生活に混ぜ込んで苦手ハードルを低くするのがほんと大切なんだなあ、って思いました。

ど、読書感想文みたいだ…( ^ω^)

f:id:NaRu8008:20180318235326p:plain

 

芳香族化合物の系統図占い

高校化学、有機化学の分野で出てくる芳香族系統図について。

教科書とか重要問題集の表紙か裏表紙開けてすぐ出てくる、あのやったらめったら矢印が入り乱れてる炭化水素(炭素と水素のみの化合物)、芳香族化合物(ベンゼン環+αのくっついてるもの)の反応系統図です。

初めて見た時の「エッ、これ全部覚えるの?バカ言うなよHAHAHA」感は忘れられない…今思うとポケモンの進化系覚えるのとあんま変わらない気がしてきました。エッ、同じにするなって?

反応の名前の色イメージで線引いたり(アセチル化は赤とかするよね?え、しない?そんなー)、資料集の実験写真見たりウンウン唸ってたけど、結局は書いて覚える写経スタイルが落ち着くんだなって…最高に元も子もない。

で、この時教えてくださった先生がクレイジーで、どうも芳香族化合物炭化水素の系統図を全部書けたら今日は良い日!という占いをほぼ毎日やってたらしい。

聞いた当時はまあ何言ってるか分からなくてね。こいつはクレイジーだぜ。

でも何度か書いてるうちにほんと書けるようになりまして。

高校二年終わる辺りからすらすらっと朝起きて書く、模試前に書く、果ては前期試験直前に運試しで書くまでするように無事なりました。

まあ、国立の前期試験は落ちたんですけど。

予備校で暇すぎてノートを系統図で埋めてた時にドン引きされたので、全く無事ではなかったのかもしれないなあ。

 

画像の貼り方がいまいちよく分からなくてしっちゃかめっちゃか、見づらいかもしれないです。すみません。

それとTwitterアカウントをプロフィール欄に付けてみました。二次創作の絵が置いてあったりするので閲覧の際はご注意ください。あんま呟いてないですがよしなに。

f:id:NaRu8008:20180315005355p:plain